バッグ修理のプロ

でもどうせバッグ・かばんの修理をするというなら、お店に直接お願いする方が全然安心できるのではないでしょうか。大事なバッグを安心できる職人さんの手によってしっかり修理してもらいましょう。 鞄は、持ち手が駄目になってしまったとして、すぐに捨てられてしまうものなのでしょうか。段々と鞄に対して、そのような意識を持たない人たちが増えて来たのです。

それは、長く使用する高級志向のバッグを求める人たちが増えてきたからです。何か高級感漂うバッグを持っていると、自己の人格すら深みを持つような感じではありませんか。そのため同時に現代社会では、バッグ修理という認識が高まったのです。

持ち手(ハンドル)のお取り替え 、交換用のショルダーベルトなど、いろいろな方法をお店では用意してくれており、しっかりと持ち手の革補強をします。使い込んでくると、どうしてもバッグというものは手に当たる部分だけが弱ってしまうものでもあり、弱った部分の芯を入れ替えて、上から革で包んで部分的に修理をすることが出来ます。

そこではデザインも全然変わらず丈夫に仕上げることが出来ます。自分でもバッグ修理することが出来るかもしれません。出来るかもしれませんが、大事なバッグだからこそ、プロの職人にお任せするべきではないでしょうか。

バッグの保護

結構バッグの持ち手って、すぐに壊れてしまうものです。その時、バッグ修理というモチベーションも正しいのかもしれませんが、持ち手をあらかじめ保護する姿勢も正しいです。持ち手が剥がれているときにもこのような方法は有効的です。

お好きな色のリボンと、両面テープまたは接着剤、透明マニキュアを用意してください。持ち手の先頭〈金具部分〉に、リボンの端を両面テープまたは接着剤で固定し、一周し、下から引き出す方法で、数回きつく巻いて行きます。

それぞれしっかり結び目をつめてください。最後に、残りのリボンを使って結び目を二重に作ります。結び目はリボンの下に押し込んでおけば、ほどけにくく、見た目もキレイに見えます。さらに余分なリボンを切り取って、透明マニキュアを有効的に使用し、リボンの切り口のほつれをしっかり補強をしましょう。リボンは、出来る限りバッグと同じ色を使用する方がしっくり行くはずです。

本当に持っていたバッグを修理したとはとても思うことが出来ないほどの出来です。大事なバッグなのですから、その程度のモチベーションを持っていて当たり前なのではないでしょうか。大事なバッグはそのような感じで自分で保護・修理する姿勢も良いですが、更にお店でバッグ修理という方法もあります。

自分でバッグ修理

バッグの持ち手が壊れて、すぐに捨ててしまうなんてやっぱりもったいないです。バッグ本体はまだまだ使えるのではないでしょうか。でも、いつもビジネスに使用しているバッグなど、持ち手の方はボロボロだったりします。

確かに、そのようなとき、お店へ持っていけば、思わぬような高額なお金を取られてしまうかもという不安も抱えているものです。その価格が、新品購入する程度の価格ということもひょっとしたらあるかもしれません。

そのようなとき、かなりリーズナブルな合成皮革製 バッグ修理用持ち手というものも販売されているので、そのようなものもちょっとだけチェックしてみてはいかがでしょうか。1000円~程度なので、もっと現在のバッグを長く使いたいという人たちに、おすすめ出来るアイテムです。最大5色のカラーバリエーションがあったりして、きっとあなたの鞄にもお似合いの色が見つかるはずです。

本体とつける部分はホック式タイプになっていたり、ナスカン式だったり、ナスカンホック式だったりします。古くなった持ち手の部分をカットします。金具の部分は残すようにしてください。残した金具を利用して、ホック部分を都合通して簡単に完成します。

バッグ修理のメリット

みなさんに、バッグも修理するモチベーションを持っていただきたいのです。ヴィトンやエルメス、シャネル、ボッテガなどバッグは高価なだけあって、長くもたせることが本来出来るものなのです。でも長く持てば、 キズや色あせが目立つこともありますし、持ち手が壊れるということもあるでしょう。そのような時、バッグ修理するモチベーションってとても大事ではないでしょうか。

そこには、みなさんが期待している以上のメリットが存在しているかもしれません。例えば、デザインやカラー、アイテムなど、流行は一年一年変化して行ってしまうものです。しかし、もしも、修理によって、カラーやデザインを変更することが出来れば、今年、再びそのバッグを活用しよう!という気持ちにもなりますし。

そして修理するモチベーションによって本来長持ち出来るバッグをもっともたせることも出来てしまうのです。バッグは壊れれば買い換えすれば良いという姿勢の人たちももちろんいらっしゃるでしょう。しかし、そのようなバッグに対して、既にいろいろな思い出が付随していたりするものではないでしょうか。

壊れていてもなかなか捨てることが出来ない現状というものもあるようです。ならば、壊れたまま、使わず、押入にしまってしまうというよりは、修理し、使用するというのが正しい方法です。ヴィトンやエルメスなどのブランドは、そもそも、世代を超越しているのです。都度修理する姿勢を持っていれば親子にわたって使用することも出来るのです。